脱毛サロンの選び方~大都市と地方の決定的な違い~

Pocket

脱毛サロンはほぼ日本全国に点在しています。
大手のところばかりではなく、マンションの一室で個人的な経営をしている所も少なくありません。
インターネット等で大々的な宣伝しているところも多いですが、地元のフリーペーパーに掲載されている脱毛サロンなどもあります。
そこで、より良い選び方はあるか?というと、地域的な問題が大きいでしょう。

大きな都市に関しては、選択範囲が広く、安い所、駅から近い所、評判が良い所などを基準に選ぶと良いでしょう。特に、口コミなど調べることができ、様々な情報の中から、自分に合う脱毛法を取り入れていると思った所にアクセスすることができます。
たいていお試しがありますから、まずはそこからと言った選び方ができます。

地方などで、あまり脱毛サロンがない町では、限定的になってします。
みんながよく行っているらしいという噂が決め手になるでしょう。
脱毛サロンの数が少ないと、甲乙つけがたいのですが評判が悪いところは行かない方が無難で、たまに行く大都市に、遊びがてら通える脱毛サロンを探すというのも一つの手です。
このことは、地方在住者にとってみれば、脱毛サロンを選ぶということはたいへんなことです。

脱毛サロンの選び方で気にかけるべき5つのポイント

①予約がとりやすいかどうか

大手のサロンになればなるほどやはり予約は取りづらくなってきます。
学生だけではなく、OLですとやはりサロンに通えるのは平日の夜か土日のみ。
自動的にそこの時間帯に予約が重なり、数ヶ月先の予約ですらとれない、という事態が起こってしまうのです。
せっかく契約したのに予約がとれないとなると大問題。いくら店舗数が多いサロンだからといって油断してはいけませんよ!

②効果があるかどうか

いち早くムダ毛をなくしたいもの。光脱毛でも一度やっただけで毛量の減り具合は実感できます。
ただ、回数を少なく早く終えたい人にはレーザー脱毛がおすすめ。
痛みは伴いますが、光の強さが強いため、効果が実感しやすいです。
光脱毛の中には、美肌効果がある機会もあり、女性に大人気です。

③料金設定、価格について

脱毛のコースには一般的に回数制と月額制があります。
回数制の場合は、先に一括で6回分以上を支払う方法。
月額制は毎月決まった金額を支払う方法です。
自分に合った設定ができ、月額1万円程度であれば美容院と同じくらいの値段なので敷居も低いですよね。

④勧誘はないか

カウンセリングのときに心配なのが勧誘。
一昔前のエステサロンは勧誘がつき物でした。そのため、「エステサロンって契約しないと帰してくれいないイメージがあるから行くのが怖い」という30代、40代の人も少なく有りません。
ただ、今の時代の脱毛サロンは勧誘がないことが売りであるため、「少し考えさせてください」「他のサロンとも比べてみたいので明日お返事しても大丈夫ですか?」などもスタッフさんに言いやすい環境でもあります。
「今回はやめておきます」という回答をしても、嫌な顔せずに親切に対応をしてくれるのがうれしいですね。

⑤キャンペーンがあるかどうか

脱毛サロンには大抵、初回限定キャンペーンがあります。
季節によっては、「初月¥0」なんてキャンペーンも。ホームページをチェックしてから行ってみてくださいね。

ワキ脱毛でおすすめの脱毛サロンを探すならこちらのサイトがおすすめ!初めての脇毛脱毛|人気脱毛サロンを徹底チェック(*´∀`*)http://xn--m9jq9czjrmu21ofxyba1720c.com/

友人の耳毛脱毛の話 永久脱毛ができるらしい

脱毛って聞くと腕や足、そのほかデリケートゾーンなどが思い浮かびますよね。でも、男の友人で耳の毛を脱毛した人がしました。耳毛ってはえている人は少ないですが、おじいちゃんとか毛深い人は時々、耳毛が見える人がいるものなんですね。
初めはその人は、はさみや耳毛抜きを使って処理してたとのこと。耳毛カットのためのカッターがあるなんて、その方面で悩んでないと一生知る事のないものですよね。ただ、カッターで毛をなくしてもジョリジョリしてしまうし、毛抜きはきれいにできなかったり面倒だったりでなかなか上手く処理ができなかったそうです。で、仕方ないから少しお金はかかるけれどしっかりしたところで永久脱毛してもらったそうです。
体全体で見ると耳の毛なんて些細なところで、普通の人は毛も生えないので気にする事も少ない部分ですが、ふとした瞬間や、横顔を見られる時に指摘されて落ち込んでいたそうです。今も耳の毛について悩んでいる人がいるのなら、脱毛という手段がある事を教えてあげたいと話していました。

私にとって脱毛と言えば円形脱毛症のこと 悲しい過去

友だちと脱毛の話をする時には、大概ムダ毛処理の話なんですが、実はわたしは「円形脱毛症」になった事があるので、「脱毛」って聞くとどうしてもその頃を思い出して憂鬱になってしまいます。
ストレスで髪の毛が薄くなる、程度ならいいのです。
わたしは元々毛が濃い方なので、少し髪の毛が減ったくらいなら見た目でもそこまでわからず、すく手間がなくなってラッキー、程度のものです。でも円形脱毛症となるとそこの髪の毛がごっそりなくなるので目立ってしょうがない、初めて職場の同僚にその事を指摘された時には、恥ずかしいやら驚きやらで目の前が赤くなったり暗くなったりしたものです。その時期は色々な辛いことが重なった事から、きっとストレスで脱毛してしまったのだろうと冷静に分析することができますが、でもだからどうする事も出来ず、外に出る時は帽子などをかぶって見えないように気を使いました
。毎日、円形脱毛症の事ばかり考えていました。まあ、なんだかんだ4ヶ月くらいで髪の毛も生えてきて、目立たなくなったのですが、円形脱毛症の時機は本当に地獄、大変な日々でした。

光脱毛でガンになる?その真相を探ってみると…

脱毛が原因でガンになるって聞いたことありますか? 光脱毛の際にレーザーを当てるのですが、その時のレーザーで皮膚がんになってしまうという話があるのです。サロンで脱毛してもらうのは便利ですが、そのせいでがんになってしまうとなると困ってしまいますよね。
そこで色々と調べてみると、実はその話は嘘だそうです。光脱毛の光は赤外線に近いそうですが、がんになる危険が高まるのは紫外線、似て非なるものだったのです。しかし、光脱毛のレーザーは直接的にがんを引き起こす事はありませんが、間接的に皮膚がんの危険を高める可能性はあるとのこと。
レーザーを当てると皮膚はどうしても敏感な状態になってしまいます。
太陽の光を浴びるだけでチクチクとしてしまう人もいる位、施術後の肌は大変なのです。そんな時に日焼けなどをしてしまうと、がんになる危険が生まれたり、しみやしわの原因にもなってしまうとの話がありました。もちろん、しっかりした脱毛のサロンではその事はしっかり説明してもらえるそうなので心配はありませんが、脱毛をすることでがんになるなんて噂を聞くとなんだか怖くなってしまいますよね。

ガムテープ脱毛 薦めたくないけれど興味はない?

ガムテープで脱毛しようなんて思う人は少ないかもしれませんが、テレビではお笑い芸人の罰ゲームとしてありますし、小さな頃はふざけてお父さんの足でガムテープ脱毛をしてしまった人もいるかもしれません。でも、多くの人が知っているとは思いますがいまどき安全で比較的肌に優しい脱毛の方法はたくさんあります。
ブラジリアンワックスのようなべりべりとはがすタイプの脱毛方法もありますし、サロンに行けば光を当てることで手軽に脱毛をすることができます。しかし、もし好奇心や何らかの理由でガムテープ脱毛をする場合には、皮膚を傷つけたり炎症を起こさないように、細心の注意をするようにしましょう。
まず、肌はしっかり洗い、清潔に保ちます。脱毛した場合には毛穴から菌が侵入しやすいのです。そのほかガムテープは布のものを使用し、皮膚の保護のためにベビーパウダーを脱毛箇所に塗っておきましょう。(ただしベビーパウダーを塗らない方が脱毛の効果は高いです)。
そうすれば、比較的肌を傷めずにガムテープで脱毛ができます。
ただ、肌の弱い方はくれぐれもガムテープ脱毛は控え、他の方法にしましょう。