種類や部位で変わる脱毛の痛み

Pocket

脱毛サロンを選ぶときに、痛みはありませんという言葉に釣られたということを耳にします。
現在、脱毛サロンでは、レーザー、針や電気を使う方法、光脱毛などがあります。
この中で、痛みを実際に感じる方法はレーザーと針、電気の脱毛です。
レーザーなどは痛みが少ないと言われていますが、ちくっとした痛みを感じるようです。
光脱毛もレーザーの一種ですが、レーザーよりも威力が弱い分、痛みはないと言われています。
針は1本1本確実に脱毛していくため、回数が少ないのですが、痛いとのこと。
また、脱毛は、体の部位によっても痛みが違います。
誰もが痛いというのは、デリケートゾーンです。
この部分は羞恥心も加わりますが、スタッフは手馴れていることですから、全て任せてまな板の上の鯉状態でいましょう。
我慢することなく、痛いと言っても良いのです。
それと、わきも痛いようです。
考えただけでも痛い部分ですが、ここの脱毛は多くの方が行いたいと思います。
でも、痛いのはイヤという方は、痛くない方法での脱毛で回数を重ねるのが良いか思います。
意外なのが、ひざ、腕などですが、人によって痛さの度合いは様々なようです。
ヒップのチクチクがたまらないという声もあります。
痛みを伴う脱毛の場合は、ある程度覚悟が必要かもしれませんね。
でも、一番困ってしまうのは、ここの脱毛サロンは痛くないですと宣伝をしておきながら、とてつもなく痛いということ。
こんな目には遭いたくないですね。